取扱い業務

労務管理事例集

労基法その他労働法関係【休日・休暇】

休日出勤を命じたらその日に年休を請求してきました。与えなければなりませんか。
年次有給休暇は、本来の所定労働日に発生するものであり、所定休日においては発生する余地がありません。

労基法39条第1項の年次有給休暇の規定にある「労働日」には、所定休日は含まれないと考えられます。また、年次有給休暇の趣旨は、通常の休日の他に一定日数の労働義務の無い日を与えることであり、所定休日における労働義務を免除するものではありません。そのため、休日出勤命令により所定休日に労働義務が発生したとしても、労働者は、その労働義務の免除を受けるために年次有給休暇を請求することはできません。

所定休日における労働義務の免除は、年次有給休暇の問題ではなく、もともとの労働義務を使用者がその労働者について除外するかどうかという問題になります。仮に使用者が労働義務を除外しなかったにもかかわらず労働者が休日出勤命令に従わない場合は、雇用契約、労働協約、時間外労働休日労働協定、就業規則等の定めにより懲戒適用の可能性の余地が生じます。(全てに懲戒が認められるわけではありません。)

労基法第39条第1項
 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

更新日:2006.09.18

ページのトップへ
  • 労務トラブル解決
  • 就業規則作成
  • 給与計算代行
  • 事務手続代行
  • 賃金制度構築
  • 人材育成

▲社会保険労務士 岐阜「杉原事務所」ページトップ