取扱い業務

労務管理事例集

労基法その他労働法関係【賃金】

賃金台帳の保存期間は何年間ですか。

 労基法第109条で賃金台帳の保存期間は3年間と決められています。また、同法施行規則第56条で3年間の起算日を「最後の記入をした日」と規定しています。

 

■労基法第109条

(記録の保存)

第百九条  使用者は、労働者名簿、賃金台帳及び雇入、解雇、災害補償、賃金その他労働関係に関する重要な書類を三年間保存しなければならない。

 

*労基法施行規則第56条

第五十六条  法第百九条の規定による記録を保存すべき期間の計算についての起算日は次のとおりとする。

一  労働者名簿については、労働者の死亡、退職又は解雇の日

二  賃金台帳については、最後の記入をした日

三  雇入れ又は退職に関する書類については、労働者の退職又は死亡の日

四  災害補償に関する書類については、災害補償を終った日

五  賃金その他労働関係に関する重要な書類については、その完結の日

更新日:2013.08.09

ページのトップへ
  • 労務トラブル解決
  • 就業規則作成
  • 給与計算代行
  • 事務手続代行
  • 賃金制度構築
  • 人材育成

▲社会保険労務士 岐阜「杉原事務所」ページトップ