取扱い業務

人材育成・研修

会社の理念を実現できる社員を育てましょう。

社員教育は、昨今、企業が最も注力していることです。めまぐるしい経済の変化の中で、企業が生き残っていくためには、経営側だけの発想、アイディア、実行力だけではなく、社員全員の知恵やアイディア、マンパワーが求められます。それらを生み出すために、各部門別の目指す人物像を創り、それに応じて、長期的な視点で人材教育計画を策定します。
理念教育、階層別教育、管理職研修など様々な研修を通じて、目標管理制度との関連を持たせながら、会社の理念を実現できる社員を育てていきます。

人材育成・研修を導入する目的

  1. 経営理念、行動指針を主軸として、会社の求める人物像を創る。
  2. 3年先を見据えて部門別の人材教育計画を立て、長期的な人材教育を支援。
  3. 全体教育、階層別教育、管理職研修、新入社員研修などを行い、その成長を図るためのフィードバック、テストなど実施し、次の教育目標へ生かす。
会社が求める人物像を創る

やみくもに教育研修だけを行うだけでは、効率のよい教育研修はできません。まずは会社が求める人物像を創ります。それに対して今いる社員のスキルを棚卸し、足りないスキルやまだ身についていない考え方などを育成するための研修をご提案します。

人材育成イメージ図


3年後の目指す人物像に必要な能力とは?

各部門別の教育計画書の策定

各部門別に求める人物像も変わるように、求めるスキルも違います。それらを各部門別にまとめて教育計画書を策定します。その際、理念研修などの全社員研修、役職別や入社別などの階級別研修、管理職研修、新入社員研修などのカテゴリーに分け、組織全体の教育計画も同時に策定します。

人材育成区分

教育目標と目標管理制度とのマッチング

目標管理制度では、自己の能力向上の目標を設定します。そのため、会社が行う教育研修の実施と併せて、各社員の自己能力の目標の達成に向けた支援も行います。教育目標と目標管理における能力目標とのマッチングを行い、より成果の出る人材教育を目指します。

人が育つ要素と施策

ページのトップへ
  • 労務トラブル解決
  • 就業規則作成
  • 給与計算代行
  • 事務手続代行
  • 賃金制度構築
  • 人材育成

▲社会保険労務士 岐阜「杉原事務所」ページトップ