取扱い業務

総務・人事スタッフの育成

経営資源の「人」を活用する視点での労務管理

本来会社のあるべき労務管理の姿に改善していくために、総務の役割から見直し、社員にとって働きやすい職場の提供、人材の育成、成果を出せる目標管理制度の運用などをご提案いたします。

コンプライアンス上の労務管理の適正化

コンプライアンス上の労務管理の適正化

総務の役割を明確化

本来総務の役割は総務業務をこなすだけではありません。会社の労務コンプライアンスの要となること、人的資源を活用するための労務管理の要にならなければなりません。 一例として、総務が抱えている仕事を棚卸し、月間及び年間スケジュールに落とし、それぞれの仕事にかかる時間を割り出すとともに、作業をマニュアル化していきます。特定の人でないとわからない等の属人的なものに会社が頼りすぎる傾向を改善し、平準化を進めます。そうすることで、一人で多くの業務を抱えるために起こる属人的な原因による業務の遅れ、ミスなどを解消し、よりチームで動ける総務課を目指します。

総務全体の役割

ページのトップへ
  • 労務トラブル解決
  • 就業規則作成
  • 給与計算代行
  • 事務手続代行
  • 賃金制度構築
  • 人材育成

▲社会保険労務士 岐阜「杉原事務所」ページトップ