労務管理事例集

労基法その他労働法

当日の朝に年次有給休暇を請求されました。認めなければならないでしょうか。

労基法第39条第4項では、年休は労働者の請求する時季に与えられなければならないと規定し、同項但し書きで、その請求する時季が事業の正常な運営を妨げると認められる場合には、使用者は他の時季に年休を与えることができる(「時季変更権」を行使できる)とも規定しています。

当日の朝に年休を請求された場合において、当該年休請求が「事業の正常な運営を妨げると認められる場合」であって、かつ使用者が対策を講じる時間的余裕が無く、「時季変更権」を行使でない場合は、認めなくても差し支えないものと思われます。(当日朝の年休請求を一律に認めないということは、問題が残ります。)

労働基準法第39条第4項

使用者は、前三項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。

更新日:2006年09月04日
ページトップへ